侮ってはいけない基礎化粧品選び!乾燥肌編

そもそも乾燥肌とはどういった状態なのか。それは表面の肌細胞が荒れていることから起こります。通常健康的な肌と言えば、肌細胞が規則正しく並んでいることから表面のキメがととのっているものなのですが、この細胞が荒れていると隙間から体内の水分がどんどん抜けていきます。そうすることで乾燥肌となるのです。

乾燥肌の場合に使うべき基礎化粧品はなるべく低刺激であるということが必須です。それは健康的な肌に比べて、荒れてしまった細胞の隙間から化粧品の成分が肌の深い所まで直接届いてしまい、刺激となってヒリヒリしたり赤みを帯びたりする原因となる恐れがあるからです。低刺激処方のクレアル

化粧品によって含まれている栄養分の種類とその量は違います。キレイな肌になりたいからと言っていきなり栄養素たっぷりの化粧品を使ってしまうと逆効果となってしまうのです。肌を修復するどころかダメージを与えてしまうため、焦りは禁物です。そのため、乾燥肌の人はまず低刺激のものを使用しながら、徐々に肌細胞を修復していく必要があります。そしてある程度キメがととのってから、ワンランク上のものを使用するというように変えていく方が無難です。

事前にスキンチェックを行った上で、自分の肌が今どんな状態なのかを知り、そのレベルに合わせて化粧品を選ぶと失敗はありません。自分の肌に合うのか心配な場合には、店員さんに相談したり、また試供品があればもらえるようお願いするとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です