痛風を改善する食事について

痛風は女性よりも男性の方がなりやすく、初期の段階ではなかなか気が付きにくいのが特徴です。痛風かどうかは血液検査にて尿酸の量がどのくらい多いのかでわかりますが、定期的に血液の検査を行わないとわからないことが多いです。

そのため足の親指が激しく痛む、くるぶしの様子がおかしい、などといった痛風の初期症状で初めて気が付きます。痛みをそのままにしておいた場合、数週間で痛みはなくなりますが、再び激しい痛みが襲います。そのためできるだけ早めに治療を開始する必要があります。
痛風を改善するには、まず食事に注目します。食品の中には痛風を悪化させる原因となるプリン体が多く含まれているものがあります。具体的には、レバー、アルコール類、干しシイタケやかつおぶし、イワシなどの干物、魚介類や肉類の煮汁があります。

プリン体はうまみ成分であるため美味しいと感じるものには多く含まれている傾向にあります。プリン体自体は1日に400mg以下の摂取が適量ですが、ビール100ml中に6mgが、レバーでは100g中に250mgが含まれています。鍋料理にした場合は、その出し汁にプリン体はおおく含まれているので、食事をする際には汁を飲み干さないように注意します。
痛風を改善するには、野菜類を多く摂るのはもちろんのこと、海藻類やイモ類、果物も多めにとるようにします。尿の状態を酸性からアルカリ性へと改善するためにもアルカリ性の食品を意識してとるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です