痛風にどの様な食事療法が有効か?

以前は痛風と言えば、食事療法でプリン体の摂取を制限すると言うのが一般的でした。しかしながら、体内の尿酸は食事で摂取するより、体内で核酸より作られるのが判り、食事制限してもその効果が限られたものであることが判りました。

即ち、体内で不要となった核酸が分解し、排出される過程で尿酸が生産されるのです。人間の場合、この尿酸が尿素となって、安全に尿中に排出されます。ですから、水分を多めにとって、尿の量を増やす事が必要です。

 

以前言われていた食事療法、例えば、プリン体の多い食品を制限したり、ビールを制限したりすることは努力の割には効果がないのです。

それよりむしろ、肥満が痛風のリスクを上げることが判り、食事療法のストレスからくる肥満が実は痛風のリスクを上げているのです。現在では摂取するエネルギー量を制限し、肥満を防ぐことが痛風予防の主流となりました。

現代の痛風のための食事療法は、食べる種類を制限するのではなく、食べる量を制限するのです。

 

とは言っても現実に「痛風発作」が起きている時にはプリン体を含む食事は避ける方が賢明です。そしてアルコール類は体内の水分を排出するため、尿酸の濃度を上げることになり症状を悪化させるため制限することが必要です。

又、運動も発汗により体内の水分を排出するため、水分補給を十分に行う事が必要です。

食事療法では効果が出ない場合は医師に相談し、薬物治療を受けることが必要です。現在では幾つかの医薬品が承認され、医師により処方されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です