高校生の頃に発症するニキビの改善方法とは?

日常生活の中でニキビを発症すると大変つらいものです。特に高校生などの自分の外見に関してとても気にする時期であれば、精神的に思い悩んでしまうケースも少なくありません。

中にはそれらを手軽に除去しようと自分で潰してしまう人もいるようですが、それは一生の傷として残ってしまうリスクもあるので絶対に避けるべきです。

 

高校生の時期に発症するニキビは一般的に思春期ニキビと呼ばれ、成人してかた発症する大人ニキビに比べて大きく異なります。その大きな原因となるのは何よりもホルモンバランスの変化に伴う皮脂の分泌です。

高校生の時期は男女ともに体の発育などによって体内環境も大きく変化します。それを司るのがホルモンであり、日頃から皮脂腺の多い部位に大量の汗や皮脂を分泌するため、それらが古い角質やゴミなどと共に毛穴を詰まらせ、さらに蓋をした形で乾燥状態となることによってアクネ菌の大量増殖を生み出してしまうのです。

 

この時期の体内環境は人生の通過点としても非常に大切です。そのため薬などでホルモンバランスをコントロールするのは控えたほうが良いでしょう。

思春期ニキビを改善するにはまず、日常生活やスポーツの後などには必ずこまめな洗顔を行い、皮脂をきれいに除去することが大切です。

決してクレンジング機能の強いものは使わず、肌に優しく泡立ちの良い洗顔料を使って、手のひらでよく泡立てた上でその泡をクッション代わりとして、優しく毛穴の汚れを落としていくことが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です