水虫を靴の中で増殖させない方法?

水虫は、靴の中でより繁殖します。水虫は高温多湿の場所で活発に活動しますが、靴の中はまさにその条件が揃っています。皮靴やパンプスなどの通気性の悪い靴や、長靴、ブーツなどの密閉された靴はもちろん、足にフィットしていない靴や圧迫される靴も、水虫の温床となるようです。

靴を履いている時間が長い人にとっては、まさに頭が痛いところですが、靴を履いている時間が長ければ長いほど、水虫菌の増殖は活発になります。

 

水虫から靴を守るためには、よく乾燥させることが大切です。湿気をこもらせないためにも、毎日同じ靴を履かないようしましょう。

靴を脱いだら、乾燥材を入れておく、2〜3日は同じ靴を履かない、などの基本的な水虫対策の他にも、水虫菌を除菌する対策を講じるようにしたいですね。また、できるだけ職場ではサンダルなど通気性の良い履物を利用するようにしたり、それが無理な場合でも休憩中は靴を脱ぐなど、靴を履いている時間を短くするようにして、少しでも靴を乾燥させる時間を作りましょう。

 

水虫を靴の中で増殖させないためのグッズや、通気性の良い足水虫対策用の靴下、抗菌仕様の中敷除菌スプレーなどを使って、靴をこまめにケアし、同時に足を高温多湿の状態にしないよう、自分なりの水虫の対策をしてみましょう。メルラインの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です