多汗症の人はわきがなのか?

汗を多量にかいてしまう多汗症の方もいるでしょう。全身から多量の汗をかいたり、特定の部位だけ多量の汗をかいたりと人によっては違いがあります。また、わきがのイメージとして汗をかくことで独特の臭いがするイメージもありますが、多汗症だからといって必ずしもわきがとは限りません。

わきがの場合には、アポクリン汗腺、多汗症の場合にはエクリン汗腺が原因と考えられています。そのため別々の汗腺のため、多汗症だからといってわきがになるということではありません。

 

しかし、気温の高い夏の時期、汗をかきやすい時期では、それぞれの症状が同時に作用することはある程度考えられます。そのため、多汗症にしろわきがにしろ、汗対策は怠らないことが大切です。

肌を清潔に保つことを重視しながら、外出時の汗対策はきちんと行い、できるだけ汗をかきっぱなしの状態にならないように、タオルやウェットティッシュなどで汗をかいたら拭き取る習慣をもちましょう。また、シャツなどが汗で濡れてしまった場合には、着替え用のシャツを準備しておき、着替えることでできるだけ上半身を清潔に保つことも大切です。帰宅後はしっかりとシャワーなどで汗を洗い流し、脇の肌がきれいな状態を保てるようにしましょう。

外出時などに脇の汗をある程度抑えるためには、制汗剤などで一時的な対策をすることも有効な手段といえます。ただし、肌にある毛穴などを詰まらせる原因になることもあるため、制汗剤の使うタイミングなどはよく考えてから使用することも大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です