女性の薄毛対策と育毛剤選びのポイント

-shared-img-thumb-YUKA150701038569_TP_V

薄毛で悩む人口は増えていて、今や男性だけでなく女性でも育毛剤を使用する人が増えていると言われています。

女性の薄毛は男性と違って髪自体が細くなってくるので、髪のボリュームがなくなったり分け目が薄くなってくるという症状が一般的に多いですね。男性のようにてっぺんから薄くなってくるという人は比較的少ない傾向にあります。

市販されている育毛剤にも様々な種類があり、それぞれ配合されている成分によって育毛理論を違ってきます。主に頭皮環境の改善を目的として作られているものや、育毛を促進するために働きかけるもの、抜け毛予防を目的としたものなど、メーカーによってさまざまです。

成長因子に注目された育毛剤

その中でも、グロースファクターと呼ばれる成長因子によって育毛を促すものが今注目を浴びています。

例えば人気商品の一つにルプルプ育毛剤がありますが、これは遺伝子工学で有名なタカラバイオと共同開発された商品で、フコイダンという成分を利用して成長因子を450%増殖させる効果があると言われています。

フコイダンにはその他にも保湿作用や抗炎症作用、抵抗力を高める作用や紫外線ケアなどの効果もあり、髪にとっても良い優れた成分です。男女共用で効果のあるものなので、夫婦で購入して使う人も最近では増えているようですね。

ルプルプ育毛剤の効果が気になる方は、使用者さんの体験レビューサイトもチェックしてみてはいかがでしょうか。参考までにどうぞ。ルプルプ育毛剤効果

夏に向けて筋トレ!…意外と知らない副作用とは?

-shared-img-thumb-BO15103026151030265020_TP_V

夏本番3ヵ月前、そろそろ今年も夏に抜けてカラダを仕上げて行こうと筋トレや減量に励んでいる方も多いのではないでしょうか?とくに本格的に筋力トレーニングをされている方は、冬場に筋肉をつけてパンプアップし、春ごろから旺盛徐々に減量のほうに移行して夏にベストの状態になるように調整している方もおられると思います。

魅力的なボディ作りのためにかかせない筋力トレーニング。しかし、そんな筋トレには意外な落とし穴があることをご存じでしょうか?

筋トレをすると薄毛になりやすい?

「筋トレをすると薄毛が進行する―――」こんな噂を耳にしたことはありませんか?しかし、筋肉を鍛えたからって髪の毛とは何の関係もないんじゃないの?ただの都市伝説じゃないの?こんな風に冗談っぽく考えている人もいると思いますが、残念ながらこれはあながち間違っていないのです。

これにはちゃんと科学的な根拠もあります。簡単に説明すると、筋トレをすると男性ホルモンが増えることは理解している方もおられると思います。そして、薄毛の原因となる脱毛因子(DHT)は、男性ホルモンと還元酵素が結合することで生み出されることから、男性ホルモンが多い方は比較的薄毛になりやすい傾向があると言われています。

もちろん遺伝によってDHTの感受性は変わるため一概には言えませんが、薄毛で悩んでいる方は男性ホルモンは減らせることができればそれだけ薄毛進行リスクは低くなる可能性があるということは言えます。

極端な話、筋トレを始めてから薄毛がひどくなっている…そんな話もあるくらいです。カラダを鍛えることはもちろん素晴らしいことですが、もし毛髪を含め外見をトータルで気にするのであればそういったことも頭の片隅においておきながら、やりすぎには注意した方がいいでしょう。

若ハゲAGA対策ドキュメント~てつ氏のブログ~

「我流の薄毛対策」ネットの情報だけを信用するのは危険!

bsGreen27_40420141123162504

今やインターネットは私たちの生活とは切り離せないほど身近な存在になり、なくてはならない便利なツールとなっています。手軽に最新ニュースや専門知識も手に入るので、ある意味なんでも自分で調べて活用できるようになりました。

しかし、ネット上には正しい情報のなかに”適当や寄せ集めの情報”や”単なる噂や都市伝説のような情報”も玉石混交。素人だけでなく、少しその道をかじった専門家レベルの人までもその情報に惑わされてしまっているのが現状です。

とくに、薄毛対策に関しては前述したような信ぴょう性に欠ける情報が多く、さらには育毛商品を売るために都合のよいメーカーサイドの誇大広告なども混じっているため、あたかもそれらが真実であるかのように情報が錯綜し、真剣に薄毛対策をしようとしている人を惑わせています。

それらの情報を信じてお金と時間をつぎ込み、結局大した改善も見られず髪の毛は少なくなっていき、さらには最終的に高額なカツラや植毛手術に手を出さざるを得ない状況に陥ってしまうのです。

とくにメーカーの誇大表現には注意!

メーカーの中にはもちろん真剣に薄毛改善を目標にかかげ、できるかぎり予算内で良いものを作ろうと努力しているところもありますが、やはり多くの育毛メーカーは薄毛で悩んでいる人の心の弱い部分に漬け込み、利益を上げることだけを優先にしているところの方が多く感じます。

こういった現実は残念ではありますが、ネットで何でも情報をいつでも自由に得ることが許された私たちは、自分でその情報が真実なのか?虚偽なのか?これを見抜く目を持つことが必要なのではないでしょうか。薄毛外来など専門の医師に相談して治療に取り組むならまだしも、我流で育毛しようとする人はとくにここを意識して、適当な情報に惑わされないだけの知識を身につける必要があります。